その後のくぅねえさん

  • 2018.10.14 Sunday
  • 19:25

昨日 検査後の体調が悪く様子見をしていたくぅですが

 

 

 

 

 

 

夕方になっても 点滴で入れた水分は体に吸収されないままでしたが

少し立ち上がって歩くなど

いくぶん元気をとり戻しつつあるような感じもしましたので

引き続き様子見をしました。

 

 

 

 

 

夜になると自分からお水を飲みに行き

 

 

 

 

 

IMG_0382.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今朝は、完全には点滴の水分が吸収されてはいないものの

ゆっくりとお散歩にも行き

食欲も出て ごはんも食べてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0380.JPG

 

 

 

 

 

 

これで 多分持ち直したと思いますが

仮に、このままくぅが亡くならなかったとしても

一気に弱ってしまっていたら

検査を受けさせた事をどれだけ後悔したでしょう。

 

 

 

 

高齢になると何が起こるかわからない、という怖さを実感しました。

 

 

 

 

 

ここまでの経緯を考えても

かなり大きくて もしかしたら将来的に切除が必要になるかもしれない脂肪腫ですが

かなり大きくても もしかしたらくぅが天寿を全うするまで悪さをしないかもしれない、に賭けて

今の時点で切除手術はしないことに決めました。

自分の意志では治療の可否を決められないくぅに代わって

彼女の為に良い方を選択したと信じたい。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても 心配の連続で ><

 

 

 

 

 

 

くぅねえさん。。。

 

 

IMG_0385.JPG

 

 

                           何にもない平凡な日常が

                                本当に本当に 一番幸せだね。。。

コメント
おきゃんさん
お久しぶりです!

おきゃんちゃんも高齢ですね。
そして色々抱えていますね。。。
手術もできず抗がん剤も使えないご様子ですが、それがもしかしたらおきゃんちゃんにとって幸いしているかもしれない、そんな気もします。抗がん剤の副作用でごはんが食べられなくなるかもしれない事を考えると、美味しく食べられているのはおきゃんちゃんにとって嬉しい事ですものね。
病気と上手く付き合いながら 穏やかに日々を過ごさせてあげたいですよね。
おきゃんさんのおっしゃる通り、こんなに長く一緒にいてくれることに感謝しながらシニア犬との生活を楽しみたいと思います。
がんばりましょうね!!
  • くぅママ☆
  • 2018/10/20 11:12 PM
くぅママさん、ご無沙汰しています、斉藤です。くぅさん、のんびりゆっくりと時間が流れてほしいものです。
うちのおきゃんもあと一ヵ月ちょっとで15歳です。
夏に庭に出て、私が娘の送迎にいってる間に熱中症で倒れ、その時に口の中に腫瘍が見つかり、場所的に手術もできず、貧血があるので抗がん剤も使えず。。
なんとか薬飲んでおいしいごはんとサプリで頑張ってます。
シニアになると色々ありますが、のんびりゆっくりと苦しくないよう祈るばかりです。
切なくもありますが、こんなに長く一緒に過ごせている幸せを感じながらお互い頑張りましょう。

  • おきゃん
  • 2018/10/19 8:47 PM
リトルさん
おかげさまで大事に至らずに済みましたが、私の寿命が縮まったかもですよ。

シエルのmamaさんのおっしゃる様に この選択は愛あってこそ、とくぅが分かってくれると信じたいです。

ご心配いただきありがとうございました。
  • くぅママ☆
  • 2018/10/17 1:48 PM
優輝ママさん
優ちゃんもシニアですからね。
一緒に過ごす1日1日がとても大切な時間ですよね。そして 当たり前の様に隣にいてくれる事がどんなに素敵な事なのか ママさんは特に感じておられるのではないでしょうか。

優ちゃんもくぅも穏やかにのんびりと長生きをしてくれる事を心から願っています。
  • くぅママ☆
  • 2018/10/17 1:43 PM
rararaさん
おかげさまで何とかいつものくぅに戻ってくれました。
rararaさんも高齢犬のまさかをご経験されているのですね。私も今回の事で本当に怖い思いをしましたが、これがあったから切除手術はしない決断ができました。この事をもって神様が正しい方へ導いて下さったとも思えます。
rararaさんが選んだのも正しい道。。。ですね。

くぅの事 ご心配いただきありがとうございました。
  • くぅママ☆
  • 2018/10/17 1:36 PM
シエルのmamaさん
こんな選択ができるのも生きていてくれればこそ、ですよね。シーやJにはそんな選択の余地さえなかった…ですよね。
ママさんが仰る様に くぅへの愛をもって今回の選択をしたつもりです。
余計な体への負担や痛みを与えたくないと言う気持ち、きっと彼女も分かってくれると信じたいです。
ずっと頑張ってくれたくぅなので、とにかくのんびりとこの先を過ごして欲しいと願います。
ご心配ありがとうございました。
  • くぅママ☆
  • 2018/10/17 1:24 PM
appleさん
ご心配いただき本当にありがとうございました。
おかげさまで いつものくぅねえさんに戻りました。
このまま のんびり穏やかに過ごしてくれる事をただただ願います。

appleさんがご自身のワンちゃんの為に選択された事、正しかったと思いますよ。
だってその子を大切に思う気持ちと愛情をもっての選択ですもの。ワンちゃんだってきっと分かっていると思います。。。
  • くぅママ☆
  • 2018/10/17 1:15 PM
良かった〜。一安心です(^^)

シエルのmamaさんの言葉・・・「どちらを選択しても"愛"」
本当に、その通りだと思います。素敵な言葉だな〜。

くぅ姉さんに、穏やかな時間が流れますように。
  • リトル
  • 2018/10/15 1:45 PM
ご心配ですね…お察しします。
シニアになると手術の全身麻酔も怖いですしね。

本当に、毎日朝起きて「おはよう」を言えることが、
どれほどありがたく素晴らしい事か…
私も日々感じています。

どんな時も精一杯くぅねえさんの事を考えているママさん…
きっときっとくぅねえさんに伝わっていますよ
  • 優輝ママ
  • 2018/10/15 9:44 AM
くぅ姉さん えらいね〜!日に日に平凡な日常に戻るよね!

高齢になると何が起こるかわからない…その経験をした者として 胸がカタカタと音を立てました。
選ばなかった道があったと何度も思いましたが 選ばなかった道は なかったんだなと最近思います。

平凡な毎日が続きますよう祈っています。
  • rarara
  • 2018/10/15 7:43 AM
クラージュさん・・良かった。ママ・・親としてこんな選択ができる幸せも ありますよ!どちらを選択しても”愛”だもの間違いはありません。クラージュさんはきっとできる限りの犬生をママと共にが希望です。長寿で幸せな毎日を願います。
  • シエルのmama
  • 2018/10/15 7:19 AM
くぅ姉さん、食欲も戻って本当に良かったです!
気になって気になって、1日に何度も訪問してました。
本当に口が聞けないワンコにとって、こちらがした事が良かったのか、悪かったのか。。
私も今年旅立った愛犬の事を思うと未だにこちらが選んだ方法が間違いだったのではと、胸がキューーとなります。くぅ姉さんの普通の日常が一分一秒長く続きますように!!願ってます。
  • apple
  • 2018/10/14 11:58 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

アクセスカウンター

総アクセス数 本日のアクセス数 昨日のアクセス数

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM